• 新築一戸建て

✧平日17:00~19:00【夜の見学会】開催中✧

  • 交通

    中央線「国立」駅 徒歩16分

  • 所在

    東京都国立市中2丁目

  • ☆★現地販売会開催★☆2017年12月15日(金)〜08月31日(金)10:00〜17:00 平日17:00~19:00

  • ✧平日17:00~19:00【夜の見学会】開催中✧画像
  • ✧平日17:00~19:00【夜の見学会】開催中✧画像
  • ✧平日17:00~19:00【夜の見学会】開催中✧画像
国土交通大臣認定耐力壁【X-WALL】
  • 国土交通大臣認定耐力壁【X-WALL】

  • 地震対策に必要な3つの性能を備えるオールインワン耐力壁。
    優れた耐震性、復元力、制震性で繰り返しの余震にもX-WALLの性能は持続。
    壁倍率3.4倍という高い耐震性で国土交通大臣の認定を受けています。
    また、【X-WALL】はその性能を実証するために、大臣認定試験だけでなく、動的な試験、実験を繰り返し行っており、それによって確かな性能を有しています。

  • ※動的試験とは振動台実験、アクチュエータ強制加振、起振機等の総称です。

  • 地震対策に重要な「制震性」「復元性」とは

  • 想定外の地震を考えた場合、耐震性、いわゆる「固さ」だけで対応しようと考えると、建物が受ける衝撃が大きくなり壊れる可能性が高くなります。
    【X-WALL】は、より実際の地震に近い想定での実験を、幾度となく繰り返しています。
    この実証実験によって、固く耐える耐震性だけでなく振動と揺れを効果的に吸収する「制震性」,復元力間柱のしなりによって粘り強さを発揮する「復元性」、を同時に備える事を実現しました。

地震対策に重要な「制震性」「復元性」とは
~衝撃を受けた時~
  • ~衝撃を受けた時~

  • たすき掛け筋交い、接着パネル構法、 ツーバイフォーなど一般的に強い耐力壁というイメージがある構造材であっても、 動的な試験結果では剛性や靭性(固体の粘り強さ)といった建物にとって重要な性能が大きく低下することがあり (靭性について:たすき掛け筋交い・接着パネル構法が50%程度低下、ツーバイフォーが40%低下)、 加力速度特性が無視できないという報告があります。

  • ※残留変形とは:地震終了後における建物の元の位置からのズレ

  • 【国立市中2丁目1階間取り図】

  • 《耐震性》《制震性》《復元性》を兼ねそろえたX-WALLを採用
    ハイセンスなデザインや住み心地の良さだけではなく、住まう人々の安全・安心を考えました。

【国立市中2丁目1階間取り図】
織江 義春
  • 担当スタッフ
  • 織江 義春
7月は平日夜も現地見学会を開催しております★お仕事帰りにお気軽にお越しください! 
全居室南向きの4LDK新築分譲住宅です!
豊富な収納スペースがあり、お荷物もスッキリと収納できます!